さくらの里、ダルマ夕日が見える街、宿毛市

お知らせ

平成27年4月から、 生活困窮者の支援制度が始まっています。
最終更新日 2015年09月02日 09時15分
  
     
     
 働きたくても働けない、住む所がないなど、お困りの場合は宿毛市福祉センターの窓口、もしくは宿毛市福祉事務所の相談窓口にご相談ください。相談窓口では一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が相談者に寄り添いながら、他の専門機関と連携して、解決に向けた支援を行います。
 生活困窮者自立支援制度では次のような支援を行います。

①自立相談支援事業
 あなただけの支援プランを作ります。
 生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まずは地域の相談窓口にご相談ください。支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かを相談者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

②住居確保給付金の支給
 家賃相当額を支給します。
 離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をするなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。
※一定の資産収入等に関する要件を満たしている方が対象です。

③家計相談支援事業
 家計の立て直しをアドバイスします。家計状況の「見える化」と根本的な課題を把握し、相談者が自ら家計を管理できるように、状況に応じた支援計画の作成、相談支援、関係機関へのつなぎ、必要に応じて貸付のあっせん等を行い、早期の生活再生を支援します。
 

>>他の記事を見る

▲ページのトップへ

前のページに戻る

トップページ サイトマップ 携帯版 宿毛市