さくらの里、ダルマ夕日が見える街、宿毛市

生活一般廃棄物

普通ごみとは
幡多クリーンセンターで溶融処理します。
資源ごみ(リサイクル出来るもの)、水銀を含んだごみ(蛍光灯・体温計など)、適正処理困難物に該当しないもので 50cm以下で、市の指定袋に入る大きさのもの。

粗大ごみとは
資源ごみ(リサイクル出来るもの)、水銀を含んだごみ、適正処理困難物以外のごみで 長さ50cm以上で2m以下、 重さ30kgまでのもの。

普通ごみ

対象となるもの
・生ごみ・紙おむつ・草・陶器・蛍光灯以外の電球・グロー球・乾電池・ガラス製品・プラスチック類など。

図

出し方
図 ・市の指定袋に入れて必ず結んで下さい。
・ガムテープは使わない。
・焼却灰は飛散しないように丈夫な袋に入れる。

※市販の大きなビニール袋や肥料袋にごみを処理券を貼って出したり、指定の袋に入っていないごみは収集できません

※資源ごみは絶対に入れないで下さい。

普通ごみを出す時の注意点
・生ごみはしっかり水切りをする。
・紙おむつは、汚物を取り除く。
・おでん、焼き鳥の串などは危険のないように新聞紙等に包む。
・天ぷら油は新聞紙等に吸い込ませてから出す。
・割れたものや割れそうなもの(ビン・ガラス・食器・灰皿等)はステーションにガラス片が散乱したり、収集時にけがを しない様、新聞紙に包み、丈夫な袋に入れる。
・針やカミソリの刃はプラスチック等の容器に入れ、容器が散乱しない様、さらに袋に入れて下さい。

粗大ごみ

対象となるもの
・自転車・ストーブ・家具・電化製品等(テレビ・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機・冷蔵庫・冷凍庫・パソコンを除く)

図

※市販の大きなビニール袋や肥料袋、ダンボールに処理券を貼って出したり、ひも等で色々な物を縛っているごみは収集できません。

出し方
図 ・10kg毎にごみ処理券1枚を貼る。(10kgまでなら1枚、20kgまでなら2枚)
・ふとん・カーペット等は出来るだけ小さくしてひもで縛る。


水銀含有ごみ

対象となるもの
・蛍光灯・体温計等、水銀を含んだごみ。

図

出し方
・販売店・清掃公社・市役所・各支所に持ち込んで下さい。

▲ページのトップへ

前のページに戻る