雑         感
11月1日(金) 大豆とチキンのカレーライス
大根とツナのサラダ

アーモンドとっと

ごはん
牛乳

...今日は大豆とチキンのカレーライス。

...同じ給食で出されるカレーでも、中に入る具材によって随分味わいが違ってくる。チキンカレーの場合、やはり心もち淡白な感じになるし、ポークカレーにしてもビーフカレーほどの濃厚さは感じない。

...また、大豆を入れることによって、栄養バランスの観点だけでなく、カレーの中で主張する大豆の存在感が楽しめ、私としては大変好ましく感じている。

.....家庭でも、カレーの具材として様々なものを入れたりする。茄とかシシトウ、ピーマンなどは、自分的にはありかなと思うが、カボチャやサツマイモなどを入れられた日には、閉口してしまう。

.....細君の主張は、「子どもは甘いのが好きだから、」などというが、果たして子どもがどう思っているのかわからないが、反論はしないことにしている。

.....私としては、カレーは、肉と玉ねぎ、にんじん、ジャガイモといったシンプルなものが好きであるが、いろんな具材を試してみるのも面白いかもしれない。

.....何を入れてもそれなりに楽しめるのがカレーの奥深さであろうし、時には、驚くほどのカレーができるかもしれない。

11月5日(火) マーボー豆腐
花きびなご
海藻サラダ
りんご
麦ごはん
牛乳
.
.....今日はかみかみの日。

.....花きびなごに、海藻サラダ、デザートはりんごといった,しっかりかみしめて食べるものにプラスしてとマーボー豆腐といった柔らかなものもありました。

.....今日は、昼食を食べる前にちょっとした問題があり、それに心奪われ、考え事をしながら、大急ぎで食べ進めたものだから、味を十分感じ取れなかった。

.....心配事や時間的な制約、あるいは、体調が悪い時などは、せっかくの料理がおいしくいただけない。うまいものをうまくいただくためには、体調管理をきちんとしておかなければならないことを痛感した。

...せっかくおいしいものを作ってもらっても、おいしくいただけないとは申し訳ないことです。
11月6日(水) セルフサンドパン
フィッシュカツ
レタス・ミニトマト

かりぽり大豆
かみかみあえ
牛乳

.....今日はパンの日。

...まずパンにキャベツを挟み込み、その上からバーモンドソースを万遍にかける。
.....フィッシュカツを箸で2つに切り分けキャベツの上に載せる。
...そして、半分ほど残していたバーモンドソースをかけてフィッシュカツサンドパンが完成する。

.....いよいよおもむろにかじりつく。

.....やはり、一口目は、フィッシュカツまでたどり着けず、パンとキャベツのみをかじることになる。二口目で待望のカツをかじることができた。

.....香ばしくしかも中はふっくらと、うまく仕上げられており、バーモンドソースと相まって大変おいしく口いっぱいにほうばった。

.....かみかみ和えは、いかが柔らかく煮あげられており、ニンジン、大根、キュウリのしゃきしゃき感と相まってこれもまた大変おいしくいただいた。

.....カリポリ大豆を一つずつ箸で挟み口に運ぶ。自分では比較的箸の使い方は上手な方であると思っているが、それでも一定の時間はかかる。

.....子どもたちも一つ一つ箸で挟んでいるとしたら時間がかかるだろうなと思いつつ、でも、箸使いの練習になるので、時間をかけてもしっかり食べてほしいと思います。
11月7日(木)
セルフレタスおにぎり
てんぷらの素焼き
野菜炒め
きゅうりの土佐漬け
みかん

牛乳

 朝ごはんでは、簡単なもので一日のエネルギーを賄える工夫がされている。

.....生卵をかけたり、海苔がついたり、焼き魚やつくだ煮などが並べられたり。

.....我が家では、更に簡単なものが並ぶ。それは何かというと、昨日の夕食の残り物。

.....毎日昨夜の残り物があるものだから、細君が夕食分だけでなく、朝食の分まで量を増やしてつくっているのではないかと変に邪推している。それでも、毎日朝食を作ってくれるのは、大変ありがたい事と感謝している。

.....さて、今日は自分で作るおにぎり。

.....今年度2回目である。

.....前回はのりの包装紙にいたく感動した。確かによく考えられたものである。

.....自分のように不器用なものにもご飯をこぼさず上手におにぎりを作ることができる。ありがたい事である。

11月8日(金) お弁当の日
...今日は給食がないので、朝からお昼は何を食べようかと考えていた。

...調理員の一人と一緒にホッカ弁を食べることにした。

...弁当を買うことはよくあるのですが、スーパーや産直市で買うことが多く、ここ数年ホッカ弁を利用することがなかった。久しぶりに、某ホッカ弁店で、からあげ弁当を買った。

...この唐揚げのうまいこと。

...スーパーで買うものとは明らかにうまさが違っていた。柔らかくジューシーでうまい。

...密かに自信を持っていた自分の作る唐揚げより、悔しいけれどうまかった。

恐るべしホッカ弁。

11月11日(月) なむる
はるまき

かき玉汁

味付け海苔
ごはん
牛乳
.
.....今日は、中華風のメニューである。

.....春巻きとナムル。

....春巻きは我が家でもよく出されるが、ナムルはあまりなじみのある食べ物ではない。

.....調べてみると、ナムルとは、韓国の家庭料理で、もやしなどの野菜やワラビなどの山菜、野草を塩ゆでしたものを調味料とゴマ油であえたものをいう。

.....栄養士さんに聞いてみると野菜を多くとることができるので、学校給食にも取り入れることが多いそうだ。

...そういわれると、確かに、野菜をしっかり取るには、良いメニューであるのだろう。

11月12日(火) 豚肉のステーキソース炒めチュー
マカロニサラダ

みかん
ジャコと大豆のかみかみごはん
牛乳

.....俗諺で、「名は体を表す」とはよく言われることである。

.....給食のメニューでは、この言葉が当てはならないことが、稀に、イヤ時々ある。

.....というのは、料理にはそれぞれ何が入っているか、一般的に入っているものは決まっていることが多い。もちろんさまざまな工夫をして、一般的に使われない素材を使ったりすることもあるが、一定のイメージは形成されている。

.....給食のメニューについて言えば、以前書いたが、ニラトンなどは、たくさんの野菜を始め様々な具材が入っており随分と違ったものになっている。

.....今日の豚のステーキソース炒めは、まさに、愕然とするほどイメージが違っていた。

.....事前にメニューを見ていたので、今日はステーキが出るというので、少しく心躍らせていたが、給食のそれを見て驚いた。

.....ステーキと言えば、大きな肉の塊を想像していたが、そこに現れたのは明らかに自分の想像していたものとは違っていた。器に盛られていたのは、豚肉入りの野菜炒めの様相であった。

.....しかし、食べてみて驚いた。これが素晴らしくおいしい。

.....ソースとケチャップで味付けされた豚肉の柔らかく甘くおいしい事と言ったらない。

.....玉ねぎのまったりとした絡み様も見事というしかない。

.....これまで食べた給食メニューの中でも秀逸である。ステーキといったイメージとは違っているが、大変おいしいものなので、何とかいいネーミングにしたいと思ったことでした。

11月13日(水) セルフサンドパン
ツナたま

肉団子のスープ

大學いも
ミニトマト
牛乳

.
....秋も深まり
、芋の収穫の話が聞こえてくる。

.....今日は、給食でも、大学芋が出された。

.....今日の芋の一部は、宿毛小学校で作ったものをいただいた。大変ありがたいことでした。

.....さて、以前から、なぜ、「大学いも」というのだろうと気にはなっていた。貧乏大学生が腹を満たすために工夫して作り始めたのではないだろうかと勝手に想像していたが、とりあえず調べてみた。

.....「大学芋という名は、大正時代に、東京の神田近辺の大学生が好んで食べていたため、ついたといわれる。また、昭和初期に東京大学の学生が学費を捻出するためにこれを作って売ったのが名前の由来だという説もある。」

.....名前の由来は、諸説あるようであるが、大学生が絡んでこの名前があることはほぼ間違いない事であろう。

.....家でもたまに大学いもは作っていたようであるが、あまり私は食べたことがない。細君や子どもたちが、おいしそうに食べているのを横目で見て、左党の私は、食指を動かすこともなかった。

.....ところが、今日給食で大学いもを食べてみると確かにうまい。

.....赤いもの揚げたものにまったりとまとわりつく水あめ状の透明な蜜。密かに病み付きになりそうで、お腹の気になる小生には、新たなる脅威となるかもしれない。

11月14日(木) 親子煮
ごぼうサラダ
じゃこ
みかん
ごはん
牛乳

.....今日のじゃこは、本当に見事でした。

.....実は、昨日、業者が搬入するときにも、見せてもらっていたのですが、段ボール箱のビニールの中にあるじゃこを見て、思わずむしゃぶりたくなるといった衝動に駆られるくらい見事なものでした。

.....今日食べてみると、塩加減も大変良く、干し具合、色、形とも改めて本当に美しいと思いました。

.....浜育ちの自分としては、宿毛産の食材の素晴らしさに誇らしい気持ちになりました。

.....イワシの中にきびなごの少し入った具合も私には大変好ましく思われました。

.....子どもの頃、隣の製造場の干し場の天日干しにされているジャコをつまみ食いしたことを思い出しながら、ジャコをかみしめました。


11月15日(金) きびなごの青のり揚げ
そえ野菜ドレッシング

大根の味噌汁
りんご
ひじきごはん
牛乳

 給食では、栄養価の高いひじきをいろんなメニューに使っている。

.....私の中のあいまいな記憶では、今日のひじきご飯もすでに食べているのではないかと思っていたが、初めてのようである。

.....ひじきと相性のいい鶏肉、ニンジン、シイタケと一緒においしさのハーモニーを奏でていた。

.....惜しむらくは、ご飯の一部が少し水けを含み柔らかかったため、食感を若干損ねてしまったようだ。

.....きびなごの青のり揚げは本当にいつ食べてもおいしい。

.....明後日は、産業祭とあわせて、B級グルメフェスタが宿毛である。

.....このような食の祭典にも宿毛市代表の1つとして、きびなごの青のり揚げを提供することはできないものだろうか。


11月18日(月) 鶏肉のピカタ
ひじきの煮物
きゅうりのメジカ節あえ
ミニトマト
ごはん
牛乳

.....今日は鶏肉のピカタ。

.....給食で食べるまでその存在すら知らなかったが、今では、給食の中で好きなメニューの一つとして、待ち遠しく思っている。

.....今日のピカタも鳥のモモ肉をふわっと焼けた卵が包み、大変おいしくいただいた。

.....特に今日は鶏肉が柔らかくもちっとして、かむほどに鶏肉のうまみを感じることができた。

.....自宅でも1年を通じて唐揚げや親子丼など鶏肉はよく食べるが、今からのシーズンは、やはり鍋もの。

.....鳥の骨付き肉を放り込み、ポン酢で食べるといった鍋を想像するだけで、少しく温かくなってくる。
.....温かさが、冬には何よりのご馳走なのかもしれない。

11月19日(火) いかのかりん揚げ
豚汁

はくさいのあえもの
みかん
ごはん
牛乳

.....今日は食育の日。

.....宿毛市の給食では、できるだけ宿毛産の食材を使って献立を考えています。

.....今日の白菜の和え物は、宿毛授産園で作ってくれたもの。

.....一人あたりの量は少なくても、100kgの白菜を使って調理しています。

.....一度に大量の食材が必要になるため、宿毛産で間に合わすのは、大変苦労がいることも事実です。

.....また、減農薬で作られている為か、虫などがついており、それを取り除く作業は大変なものです。

.....安全安心な給食を作るために、一枚一枚丹念に異物を除去してくれる調理員さんには、本当に頭の下がる思いで、ありがたく思っています。

.....今日の給食の宿毛産は、この白菜のほかにも、いかのカリ揚げのイカや豚汁の豚、みそなども宿毛産のものです。

.....材料によっては、若干宿毛産のものが高かったり、手間がかかったりすることもありますが、可能な限り、宿毛産のものを優先的に使っていきたいと考えています。


11月20日(水) コッペパン
ウィンナーのケチャップソテー
カレー炒り豆腐
ポテトサラダ
かき
牛乳

.....今日はパンの日。

.....コッペパンに、惣菜として、カレーの炒り豆腐、ウィンナーのケチャップソテー、ポテトサラダ。

.....パンの日は、ご飯の日に比べ、惣菜をボリュームのあるものにして、腹持ちをよくしようとしているようである。


11月21日(木) シイラの黄金焼き
芋煮

磯辺和え
りんご
ごはん
牛乳

 今日のメインはシイラの黄金揚げ。

.....シイラに小麦粉をまぶし、その上から油をまぶし、レーンに載せ焼き上げる。

.....重さは60g程度であるが、部位によって厚いものやら長いものなど、形は一定ではない。

.....焼いているところを窓の外から見ていると70〜80切れほどのシイラの焼き揚がったものがレーンから出てくる。

.....どうしても焼き具合が一定ではなく少し焼きが強いもの弱いものと混じって入るものの、本当にうまく焼くものだと感心する。

.....粉や油をつけトレーに載せる人、焼き上がりを取り出す人、トレーから学校ごとの食缶に取り分ける人、4人の調理員さんが連携を取り、調理を進めていく。

.....1,750個ほどのシイラを焼きあげていくその手順に感心することしきりでした。

11月22日(金) ハヤシライス
グリーンサラダ

みかん
ごはん
牛乳

 「ハヤシもあるでよー」

.....「カレーもいいけどハヤシもね。」

.....といったCMが流行っていたと思うが、誰が出ていたのか思い出せない。

.....思い出せないでいるとなんだかもやもやするもので、ネットで調べてみることにした。

.....「ハヤシもあるでよー」は南利明さんが出ていたよーである。

.....私の記憶では、財津一郎さんではなかったかと思うが、記憶というのはあいまいなものである。

.....名古屋弁イコール財津一郎の図式が、私の頭の中に形成されているようで、南某などという名前は一切記憶になかった。

.....ハヤシライスというのは、名古屋の食べ物であると本気で思っていたが、どうやら間違いらしい。
.....ハヤシライスの発祥については、諸説あるが、名古屋で始まったというのはない。

.....CMの印象が強すぎただけなのかもしれない。

.....そういえば、マッチが「ハヤシもね。」なんて言っていたCMもあったなー。

11月25日(月) 和風ハンバーグ
茎わかめのかみかみ和え

卯の花炒り煮
ミニゼリー
ごはん
牛乳

 ハンバーグを食べながら、今の子どもは何が好きなのだろうとふと考えた。

.....十年ほど前に、子どもたちの好きなものの第1位がハンバーグであるといったニュースを見て、当然一位はカレーライスと思っていた私は少なからず驚いたことを覚えている。

 さて、今の子どもの大好きな食べ物を調べてみると、おすし、ラーメン、カレーライス、焼き肉、ハンバーグの順のようである。

.....ステーキや唐揚げなどを抑え、ハンバーグも第5位で辛うじてランクインしているし、第3位のカレーライスの人気は相変わらずのようである。

.....では、宿毛市の学校給食の子どもたちに人気の食べ物はなんなのだろう。

.....どうも毎年アンケート調査をしているようなので調べてみようと思う。

.....結果はまた明日にでもお知らせします。

11月26日(火) 揚げ豆腐の直七みそだれェ
キャベツの土佐ゆずかあえ

すり身汁

みかん
麦ごはん
牛乳

 今日の主菜は、揚げ豆腐の直七みそだれ。

.....副菜に、キャベツの土佐柚子香和えが出されている。

.....揚げ豆腐も酢味噌が効いて大変おいしくいただいたが、キャベツの柚子香和えのしゃきしゃきとした食感がなんとも言えず素晴らしく、私としては大好きな一品である。

.....さて、昨日、給食を食べた後、平成24年度に中学3年生を対象に実施した好きな給食アンケートを調べてみた。

.....そして、子どもたちのアンケート結果には、少しく驚いている。なんとなんと、最も人気のないメニューが「キャベツの柚子香和え」であった。

.....また、私の大好きな「きびなごの青のり揚げ」が60品目中第51位。
.....そして、私が、宿毛市の給食で最もおいしいと思っている「きゅうりの酢の物」が41位と低位におかれていた。

.....一方、人気のあるメニューを見て、ある程度納得はできた。

.....はてさて、宿毛市の給食メニューで人気のある食べ物はなんでしょう。

人気メニューについては、また後日。

11月27日(水) スクランブルエッグ
キノコたっぷりシチュー
和風サラダ

りんご

食パン
牛乳

 今日はパンの日。

.....キノコたっぷりシチュー。そして、ひじき入り和風サラダ。

.....キノコたっぷりシチューにはシイタケ、サラダにはひじきが入る。

.....まさに給食メニューの独壇場だろう。栄養バランスを考え、家庭では、入れない素材が給食では入ったりする。

.....4月から毎日給食を食べるようになって、様々な給食を食べたが、素材の使い方に、驚くことがたびたびあった。

.....それがまたうまいものだから、驚きはなおさらで、家でも作ってみたいと思ったりするようなものもたくさんあった。

.....ごくたまにさすがにこれはミスマッチかなというものもあるにはあるが、給食の世界の奥深さを感じています。

11月28日(木) 豚丼
花きびなご
白和え
ミニトマト
ごはん
牛乳

 白和えの優しい味付けに思わずほほが緩む。

.....豆腐に白菜、ほうれんそう、更にたくさんのごまがまぶさっている。
ごまの香りとほのかな甘さが広がっていく。

.....次に豚丼の具を口にほうばる。玉ねぎの風味がまず感じられ、それに引きづられるように豚肉の甘さが感じられる。

.....丼物にするには、いつものことながら、ご飯と具材をある程度食べ進め、量を減らさなければ、ご飯の上に具材を乗せることができない。

.....それぞれ三分の一ほど食べ進め、待望の豚丼にすることができた。

.....やはり丼物には独特の雰囲気がある。

.....食材のそれぞれの甘さが感じられた給食でした。

11月29日(金) 高野豆腐の唐揚げ
きゅうりのピクルス

にら玉スープ

みかん
鯛めし
牛乳

 今日は、幡多地区給食研究大会が大島小学校であり、幡多地区の給食関係者20人ほどと一緒に給食を食べた。

.....今日は鯛めしと高野豆腐のから揚げ、きゅうりのピクルス、にら玉スープとみかん。

.....いつもより心もち豪華版である。

......給食大会で他市町村の給食担当者が食べるといったこともあり、宿毛の自信作の一品が給食として出された感もある。

.....鯛めしもうまく炊けており、若干の甘めの味付けも食べ進めるうちにおいしさに昇華され、鯛の身も白い上品な形でご飯に混ざり、大変おいしくいただいた。

.....もちろん評判も上々であった。

.....また、高野豆腐のから揚げも宿毛市の給食の誇る一品である。

.....高野豆腐を唐揚げにするといった給食メニューの工夫の一品で、味もよく子どもたちにも大変人気があると聞いている。

....今日のものは、上がり具合に若干の難があり、カラッとした食感を感じられないものも含まれていたが、カラッと揚がっていないものもほっこりともちもちっとした食感を出しており、それなりに楽しめた。

.....給食大会の内容はまた別のページでお知らせしたいと思います。

.....大会の運営にあたった皆さんたいへんお疲れ様でした。

.....大盛況で実施できたこと大変うれしくありがたく思います。