○宿毛市基幹集落センターの設置及び管理に関する条例施行規則

昭和58年3月28日

規則第7号

(処務)

第2条 宿毛市基幹集落センター(以下「センター」という。)の処務については、宿毛市処務規程(昭和40年宿毛市訓令第3号)を準用する。

(使用時間)

第3条 センターの使用時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、市長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

2 使用の許可を受けた時間は、準備又は原状回復に要する時間を含むものとする。

(休館日)

第4条 センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めたときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(1) 休館日

 年始 1月1日から1月3日まで

 年末 12月29日から12月31日まで

(使用許可の申請)

第5条 条例第4条の規定により、センターの使用許可を受けようとする者は、センター使用許可申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

(使用許可等)

第6条 市長は、前条の申請書を受理したときは、使用目的、内容及びその他を検討し、適当と認めたときは、センター使用許可書(第2号様式)を申請者に交付する。

2 使用の許可は、申請の順序により行うものとする。ただし、公共又は公用のため、市長が特に必要と認めた場合はこの限りでない。

(使用の取消し又は変更)

第7条 使用者は、センターの使用の取消し又は変更を申請しようとするときは、センター使用許可取消承認申請書(第3号様式)又はセンター使用許可変更申請書(第4号様式)に使用許可書を添えて速やかに市長に提出し、その承認を受けなければならない。

(使用料の還付)

第8条 条例第8条ただし書の規定による使用料の還付は、次のとおりとする。

(1) 第1号に該当するとき 既納使用料の全額

(2) 第2号に該当するとき 既納使用料の8割以内

(3) 第3号に該当するとき 市長が認めた額

2 前項の規定に基づく使用料の還付を受けようとする者は、使用料還付申請書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

(使用料の減免)

第9条 市長は、次のいずれかに該当する場合には、条例第9条の規定により使用料の全額又は一部を減免することができる。

(1) 国、県及び市が農林漁村生活の改善合理化等を目的として使用する場合

(2) 市長が必要と認めた団体が農林漁村生活の改善合理化等を目的として、講演会、研修会、展示会及びその他これに類するものに使用する場合

(3) その他市長が必要と認める場合

2 前項の規定に基づく使用料の減免を受けようとする者は、使用料減免申請書(第6号様式)を市長に提出しなければならない。

(使用者の守るべき事項)

第10条 使用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 施設の内外に工作物を設け、又は特別の設備をする場合は、市長の認可を受けること。

(2) 入場者の数は、各室の収容できる所定人員の範囲内とすること。

(3) 喫煙は定められた場所で行うこと。

(4) 許可を受けないで、物品、飲食物の販売をしないこと。

(5) 所定の場所以外において、火気を使用しないこと。

(6) その他、管理責任者の指示に従うこと。

(使用終了届)

第11条 使用者は、使用が終ったときは、直ちに整理、整頓及び清掃を行い、職員にその旨を届けなければならない。

(補則)

第12条 この規則に定めるもののほか、センターの管理及び運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宿毛市基幹集落センターの設置及び管理に関する条例施行規則

昭和58年3月28日 規則第7号

(昭和58年3月28日施行)