○宿毛市一般職員等の給与に関する特例を定める条例

平成18年3月24日

条例第4号

(目的)

第1条 この条例は、宿毛市一般職員の給与に関する条例(昭和29年宿毛市条例第11号。以下「給与条例」という。)第3条及び企業職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和43年宿毛市条例第11号。以下「企業職員給与条例」という。)第3条の給料表(以下「給料表」という。)の適用を受ける職員(以下「職員」という。)に支給される給料月額について、給与条例及び企業職員給与条例(以下「給与条例等」という。)の特例に関する事項を定めることを目的とする。

(給料等の額の特例)

第2条 職員に支給される給料月額は、給与条例等の規定にかかわらず、平成18年4月分から平成21年3月分までに限り、給与条例等の規定を適用した場合その者が支給を受けることができる給料の月額の100分の3を乗じて得た額に相当する額(その額に1円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)を減じた額とする。ただし、給料月額を算定の基礎とする手当については、これを適用しない。

(退職手当の適用除外)

第3条 この条例の規定は、宿毛市職員の退職手当に関する条例(昭和39年宿毛市条例第33号)及び企業職員給与条例に基づき職員の退職手当の額を定める場合の算定の基礎となる給料月額については、適用しない。

附 則

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

宿毛市一般職員等の給与に関する特例を定める条例

平成18年3月24日 条例第4号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
平成18年3月24日 条例第4号