○幡多西部消防組合旅費条例施行規則

平成25年3月22日

幡多西部消防組合規則第3号

幡多西部消防組合職員の旅費に関する規則(昭和58年幡多西部消防組合規則第1号)の全部を次のように改正する。

(目的)

第1条 この規則は、幡多西部消防組合旅費条例(昭和50年幡多西部消防組合条例第15号。以下「条例」という。)の規定に基づき、旅費支給に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(旅行取消し等の場合における旅費)

第2条 条例第3条第3項の規定により支給する旅費の額は、鉄道賃、船賃、航空賃若しくは車賃として、又はホテル、旅館その他の宿泊施設の利用をするため支払った金額で所要の払戻手続を執ったにもかかわらず、払戻しを受けることができなかった額とする。ただし、その額は、その支給を受ける者が当該旅行について支給を受けることができる鉄道賃、船賃、航空賃又は宿泊料の額をそれぞれ超えることができない。

(旅行命令等の様式等)

第3条 条例第4条第6項に規定する旅行命令等の記載事項及び様式は、第1号様式による。

2 条例第5条第1項又は第2項の規定による旅行命令等の変更を申請する場合には、第2号様式による。

3 自動車を使用し、旅費を支給しない場合においては、幡多西部消防組合自動車の運転及び管理規程(平成25年幡多西部消防組合組合長訓令第1号)の定める手続きにより旅行命令を受けたものとみなす。

(研修等)

第4条 職員等が必要な研修、講習会(以下「研修等」という。)に参加する場合の旅費等については、次のとおり適用する。

(1) その研修等が、消防学校等において全寮制で行われる場合は、条例別表第1の日当の2分の1と負担金(宿泊、食費等)の金額とする。

(2) その研修等が消防学校等に寄宿するも食費を自弁する場合には、条例別表第1の日当、宿泊の額の2分の1を支給する。

(3) 初任教育研修については、日当は支給しない。

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

幡多西部消防組合旅費条例施行規則

平成25年3月22日 幡多西部消防組合規則第3号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第13編 その他/第2章 一部事務組合
沿革情報
平成25年3月22日 幡多西部消防組合規則第3号