宿毛市立宿毛歴史館

浜田の泊り屋

浜田の泊り屋

芳奈の浜田にあるこの泊り屋は昭和32年、国の重要民族資料に指定され、 今では宿毛屈指の観光名所ともなっている。

幡多地方の各集落にあった高床式の泊り屋も、大部分は破壊されてしまい、 現在残っているのは芳奈にある4軒のみである。
その中でも1番美しく風格のあるこの泊り屋が国の指定をうけ、人気を得ている。

この建物は2間4方の木造高床式の平屋建てで、屋根は入母屋造りの浅瓦ぶき、柱は栗の自然木を用い 、どっしりとして風格のある幕末頃の建物である。
この泊り屋を建てた大工は、浜田の住人浜田熊太郎であった。

▲ページのトップへ

前のページに戻る