宿毛市立宿毛歴史館

平田曽我山古墳

平田曽我山古墳

昭和23年に新しい平田中学校を戸内の曽我山に建てることとなり、 その敷地工事の際にこの山から銅鏡・鉄剣・土師器等が出土した。直ちに調査され、 これは古墳であることが分かった。調査の記録から,この古墳が高知県最古最大の古墳であると共に、 県下で唯一の前方後円墳であることも確認された。時代は5世紀後半(1550年昔)である。 この時代は波多国という国があったときで、この古墳の主はおそらく波多国の国造であった 天韓襲命(あまのからそのみこと)であろう。

この古墳は自然の丘陵の上に築かれたもので、長さが140m、幅が60mもある。 現在は古墳の部分は全て取り除かれ丘だけが残っている。平田川対岸には二基の高岡山古墳も発見され、 この曽我山古墳と合わせて平田古墳群を形成している。昭和32年、市の史跡に指定(出土品は別途市の文化財に指定)。

▲ページのトップへ

前のページに戻る