宿毛市立宿毛歴史館

林 有造(はやし ゆうぞう)

林有造

天保13年〜大正10年(1842年〜1921年)

−自由党の領袖−

岩村通俊の弟として宿毛で生まれ、林家の養子となった林有造は、維新後、板垣退助と密接に交流し、初代高知県長官をつとめますが、退職後、西南の役に呼応しようとして土佐出兵計画をたて、その首謀者として逮捕されました。

出獄後は自由党の領袖として強い発言権をもち、国政にも大臣としてたびたび参画しました。そして政界を引退すると宿毛に帰って、その発展に尽力しました。

天保13年(1842年) 岩村英俊の次男として宿毛に生まれる

明治元年(1868年) 戊辰の役、北越に戦う

明治4年(1871年) 初代高知県長官

明治7年(1874年) 土佐挙兵計画により逮捕・入獄

明治23年(1890年) 第一回衆議院議員当選

明治33年(1900年) 伊藤内閣・農商務大臣

明治41年(1908年) 政界を引退し帰郷

正3年(1914年) 予土水産株式会社を設立、真円真珠を養殖

大正10年(1921年) 死亡(80歳)

▲ページのトップへ

前のページに戻る