宿毛市立宿毛歴史館

岩村 高俊(いわむら たかとし)

岩村高俊

弘化2年〜明治39年(1845年〜1906年)

−地方長官を歴任−

岩村高俊は岩村通俊、林有造を兄にもつ岩村三兄弟の末弟で、戊辰の役では官軍の軍監として北越を転戦しました。

維新後は各県の地方長官を務め、佐賀県権令のときには、兄通俊の協力をえて江藤新平率いる佐賀の乱を鎮めました。明治25年には貴族院議員にも選ばれましたが、その後も福岡県、広島県などの各県の知事を次々と歴任しました。

弘化2年(1845年) 岩村英俊の三男として宿毛に生まれる

慶応3年(1867年) 京都で陸援隊に入隊

明治元年(1868年) 戊辰の役、北越に戦う

明治7年(1874年) 佐賀県権令・佐賀の乱鎮圧

明治11年(1878年) 愛媛県県令

明治19年(1886年) 石川県知事

明治23年(1890年) 愛知県知事

明治25年(1892年) 勅撰貴族院議員

明治28年(1895年) 福岡県知事

明治30年(1897年) 広島県知事

明治39年(1906年) 死亡(62歳)

▲ページのトップへ

前のページに戻る