宿毛市立宿毛歴史館

竹内 明太郎(たけうち めいたろう)

竹内明太郎

万延元年〜昭和3年(1860年〜1928年)

−日本近代工業の礎となる−

竹内綱の長男であり、吉田茂の実兄である竹内明太郎は、工業化こそが近代日本の発展に必要と考え、炭鉱事業をはじめ、それに関連した小松製作所(現コマツ)などの経営にあたりました。

一方、早稲田大学理工学部設立の時には多額の寄付をし、私費で育成した研究者すべてを教授として送りこみました。また地元高知には父綱とともに高知県工業高校(現県立高知工業高校)を設立しました。

万延元年(1860年) 竹内綱の長男として生まれる。

↓ 自由民権運動に参画
↓ 東京絵入自由新聞を創刊

明治19年(1886年) 佐賀県芳谷炭坑を経営

明治27年(1894年) 竹内鉱業株式会社設立

明治41年(1908年) 早稲田大学理工学部設立

大正3年(1914年) 国産トラック製造に参画

大正4年(1915年) 衆議院議員当選(その後大正6年、9年と当選)

昭和3年(1928年) 死亡(69歳)

▲ページのトップへ

前のページに戻る