宿毛市立宿毛歴史館

岩村 透(いわむら とおる)

岩村透

明治3年〜大正6年(1870年〜1917年)

−西洋美術の評論の草わけ−

岩村透は岩村高俊の長男で、18歳での渡米をはじめとして、欧州各国でも美術研究を深めました。

帰国後は、東京美術学校(現東京芸術大学)で美術史を指導したり、文部省美術展覧会の審査員を6年つとめるなど、日本の西洋美術発展に尽力しました。晩年は美術評論と講演、文筆活動をおこない、「美術と社会」などを残しました。

明治3年(1870年) 岩村高俊の長男として生まれる

明治21年(1888年) 米国留学ワイオミングセミナー美術科入学

明治23年(1890年) ニューヨーク・ナショナルアカデミー美術科入学

明治24年(1891年) パリ・アカデミージュリアン入学

明治26年(1893年) 明治美術会入会

明治32年(1899年) 東京美術学校・西洋美術史講師

明治34年(1901年) 東京美術学校・英語講師

明治40年(1907年) 文部省美術展覧会(文展)審査員

正6年(1917年) 死亡(48歳)

▲ページのトップへ

前のページに戻る