宿毛市立宿毛歴史館

北見 志保子(きたみ しほこ)

北見志保子

北見 志保子(きたみ しほこ)

明治18年〜昭和30年(1885年〜1955年)

−名歌「平城山」の作者−

『人恋うはかなしきものと平城山に』で始まる当時流行した「平城山」をつくったのが北見志保子です(本名 川島朝野)。宿毛小学校の教員をへて文学勉強のため17歳で上京、歌人としての道を歩みはじめ、多くの短歌を歌誌や歌集に発表しました。

また女流歌人の育成に尽力し、宮中歌会始の陪聴者ともなって、当時の女流歌人の第一人者として業績を残しました。

生い立ち

明治18年(1885年) 宿毛に生まれる。本名 川島朝野
明治38年(1905年) 宿毛小学校教師
明治39年(1906年) 文学の勉強のため上京
大正14年(1925年) 歌誌「草の実」創刊
昭和3年(1928年) 歌集「月光」出版
昭和9年(1934年) 小説「朱美作品集」出版
昭和10年(1935年) 「平城山」「磐之媛皇后御陵」を発表
昭和25年(1950年) 「花のかげ」出版
昭和26年(1951年) 宮中歌会初めの陪聴者
昭和30年(1955年) 死亡(70歳)

▲ページのトップへ

前のページに戻る