宿毛市立宿毛歴史館

小野 義一(おの ぎいち)

小野義一

小野 義一(おの ぎいち)

明治8年〜昭和25年(1875年〜1950年)

−浜口雄幸蔵相の政務次官−

小野義一は東京帝国大学を首席で卒業した後、大正13年に高知県から衆議院議員に当選し、浜口雄幸が大蔵大臣のときには大蔵政務次官をつとめました。

次官退職後は欧米へ政治、経済を学ぶために自費留学し、もどってからは法政大学などで教鞭をとるなど学問分野でも活躍しました。昭和17年には再度衆議院議員に当選、国家財政のために力をそそぎました。

生い立ち

明治8年(1875年) 宿毛市に生まれる。
明治36年(1903年) 東京帝国大学法学部卒業、大蔵省勤務
明治38年(1905年) 樺太民政署事務官
明治39年(1906年) 大蔵省煙草専売局主事
大正13年(1924年) 衆議院議員当選・大蔵政務次官
大正15年(1926年) 欧州へ政治・経済の研究を目的として自費留学
昭和2年(1927年) 拓殖大学教授
昭和3年(1928年) 東京市第一助役
昭和17年(1942年) 高知県より立候補し、衆議院議員当選
昭和25年(1950年) 死亡(75歳)

▲ページのトップへ

前のページに戻る