宿毛市立宿毛歴史館

ヤーサイ

ヤーサイ
ポイントはここ! 面影残る京の香り
竹まわし
口説き盆踊り
開催場所 宿毛市平田町(籐林寺)
開催時期 8月16日(開催年・天候等により変更となる場合があります。)
由来 土佐中村にで公家大名として栄えた一条家の菩提寺だった藤林寺。
その一条公が平田御殿においでになるとき、直々にお渡しするのを恐れ多いとし、
村人たちは、笹竹に茄子などの里の成物を結んで差し上げたとか・・・。
由来 古い記録には・・・
「往去都人鴨川の辺にて新穀、不老、茄子類の野菜を持ち集まり、
亡霊を祭る故野菜祭とも言ふ」とある。

動画をご覧いただくには、マイクロソフト社のWidows Media Player(無料)が必要です。

先祖供養の盆踊り

先祖供養の盆踊り 竹まわしで祭りが始まりを告げます。
一人の音頭を中心に、長い大きな竹を持った男衆が取り囲み円を作ります。
「一条公の家例を申す」を音頭が叫ぶと
「ヤーサイ」「ヤーサイ」とまわりが囃します。
「回(ま)え回え」の合図で、青竹の群れが一斉に巡り始めます。
言い伝えに基づく伝統の竹まわしの儀式です。


▲ページのトップへ

櫓に明かりが灯りました

櫓に明かりが灯りました 明かりが櫓に灯り、櫓太鼓の音が聞こえてきました。
この櫓から、美声を競い、「口説き」を今宵は歌います。
独特のゆっくりとしたリズムの太鼓に合わせ、
いよいよ踊りが始まります。


▲ページのトップへ

「修行中」

「修行中」 まずは、かわいい子供たちが
日の丸の扇子をもって飛び出してきました。
「修行中」というタイトルとは、正反対に、
元気いっぱい!、なかなかの舞を披露してくれました。


▲ページのトップへ

「三番双」

「三番双」 ヤーサイの衣装は、本格的です。
真中の女の子はかつらもかぶって、舞を披露します。
太鼓のリズムはゆったりとしていますが、
ぴょんぴょんと飛び跳ねるような舞に、
祭りの楽しさが現れています。


▲ページのトップへ

「矢島の合戦・扇の的」「ねずみ小僧・次郎吉」

「矢島の合戦扇の的」「ねずみ小僧次郎吉」 つづいて「矢島の合戦・扇の的」
弓矢と扇をもって、太鼓のリズムに合わせた優雅な舞を披露します。
「ねずみ小僧・次郎吉」は、子供たちの躍動感ある元気な舞です。


▲ページのトップへ

「姉妹の仇討・志賀団七」「娘巡礼唄・阿波鳴門」

「姉妹の仇討志賀団七」「娘巡礼唄阿波鳴門」 団七に向かい果敢にも戦いを挑む娘二人。
その姿が、舞で表現されていきます。
衣装も美しいですね。
一方、娘巡礼唄は、楚々とした清楚な舞を披露してくれました。


▲ページのトップへ

「曽我兄弟」

「曽我兄弟」 松明と笠をもち、登場する曽我兄弟は、
この伝統の盆踊りの中のハイライトの一つ。
明かりに照らされ踊るその姿は、やはり気品と勇壮さが感じられます。


▲ページのトップへ

「一条平田御殿」

「一条平田御殿」 一条家とゆかり深いこの地ならではの演目です。
一条兼定と村娘お雪との悲恋も
この地で生まれたと想像すると、
この踊りの伝統とその奥深さを感じます。


▲ページのトップへ

「鬼神美女・傘松峠」

「鬼神美女傘松峠」 傘をつかった舞は、優美です。
それぞれの演目にあわせた衣装はとても美しく
この祭りが、地元の人たちに大事に受継がれてきたことをうかがわせます。


▲ページのトップへ

「五條大橋・弁慶」

「五條大橋弁慶」 弁慶と牛若丸は、人気演目の一つ。
終盤のハイライトです。
牛若丸が笛をふきながら、その笛で戦う姿、
小さいながらもその存在感たるや弁慶に劣らず! 勇猛です。


▲ページのトップへ

豪快な櫓回し

豪快な櫓回し 踊りが終わりを告げると男衆が櫓の周りに集まってきました。
櫓回しです。
掛け声とともに持ち上げられ、回される櫓。
「カタ、カタ、カタ、カタ・・・・」と豪快な音も響きます。
祭りの終わりを惜しむかのように、
最後に櫓が宙で舞を舞ってるかのようです。


▲ページのトップへ

前のページに戻る