宿毛市立宿毛歴史館

沖の島秋祭り

沖の島秋祭り
ポイントはここ! 神輿と牛鬼のかきあい
各船への神輿祈祷
石で積上げられた島の風景
開催場所 宿毛市沖の島町母島(日吉神社とその周辺)
開催時期 10月10日(開催年・天候等により変更となる場合があります。)

動画をご覧いただくには、マイクロソフト社のWidows Media Player(無料)が必要です。

沖の島に出発!!

沖の島に出発!! 宿毛市片島港から約1時間。
途中鵜来島などを経由して青い海に囲まれた沖の島に到着します。
船には、郵便物など、島の暮らしを支える品も積み込まれていきます。


▲ページのトップへ

日吉神社(宿毛市沖の島町母島)

日吉神社(宿毛市沖の島町母島) 石段で積み上げられた山の上に佇む島の守り神。
港から神社へ至る道沿いには、神社の幟が。
社内には、神輿が静かにその出番を待っています。


▲ページのトップへ

いよいよ祭り開始!

いよいよ祭り開始! お神輿と共に神事が執り行われます。
神社の前に、人も集まってきました。


▲ページのトップへ

牛鬼、登場!

牛鬼、登場! 牛鬼も出発の神事を神妙にうけ、
いよいよ町に繰り出していきます。 傾斜のきつい石段を
のっし、のっし、と港まで下っていきます。 沖の島の牛鬼は、胴体部分に漁で使う網のようなものが
着せられているんですね。


▲ページのトップへ

神輿も町へ・・・

神輿も町へ・・・ いよいよ舞台の港へ向けて、神輿も動き出しました。
シンバルの音が秋の空に響き渡ります。


▲ページのトップへ

昼の部、スタート!

昼の部、スタート! 大漁旗で飾られた港前の広場で、まずは、
挨拶代わりの「神輿と牛鬼のかき合い」


▲ページのトップへ

神輿を前に神事

神輿を前に神事 町の人たちが見守る中、粛々と神事が執り行われます。
神事の後、皆に神様のお餅が振舞われます。
ありがたや、ありがたや。


▲ページのトップへ

祭りについてのお話

祭りについてのお話 (沖の島母島地区長・川下清喜さん)

昔、伊予宇和島藩だった名残が牛鬼に残されているとか。 「五年に一度くらいはやぐらも登場し、島をあげてにぎやかに祭りが行われます。」


▲ページのトップへ

各家を回る牛鬼の頭

各家を回る牛鬼の頭 積み上げられた石段の上に建つ家々。
牛鬼の頭が、各家に参上!
牛鬼が有名な宇和島でも、牛鬼が各家を魔除けのため回りますが、
さすがにこの急傾斜では、体ごと回るのは無理ですよね。


▲ページのトップへ

夜の部のはじまり!

夜の部のはじまり! 夕日が港を照らすころ、いよいよ祭りが再びスタート。
まずは、牛鬼が神輿の鎮座する建物へ。
お神輿を祭りへと誘い込みます。


▲ページのトップへ

神輿も参入!

神輿も参入! さぁ、夜の部が始まります。
夕日が神輿を照らし、神々しい光を放っています。


▲ページのトップへ

神輿と牛鬼のかき比べ

神輿と牛鬼のかき比べ 勇壮に、そして、勇猛に。
円を描くように、何度も何度も走りつづけます。


▲ページのトップへ

船への神輿祈祷

船への神輿祈祷 港に停泊した各船に神輿が参上。
これで、海での安全航行と大漁まちがいなし!!


▲ページのトップへ

そして、神輿は各戸へ

そして、神輿は各戸へ 各家に向かって神輿が突入!
家主は、お礼にお酒を献上します。


▲ページのトップへ

夜の神輿

夜の神輿 日がすっかり暮れても、祭りはまだまだ続きます。
神輿は、また、円を描くように走りつづけます。
それを多くの地元民が見守ります。


▲ページのトップへ

神輿と牛鬼のかきあい

神輿と牛鬼のかきあい 盛り上がりは、最高潮!!
何度も何度も、繰り返し、円を描きながら、かき比べが続きます。
その時間、2時間とも3時間とも・・・。


▲ページのトップへ

フィナーレ

フィナーレ 牛鬼が、境内へと戻っていきます。
一日走り回った後の、この石段は、きつい?!


▲ページのトップへ

神輿も境内へ

神輿も境内へ いくつかの豆電球で照らされただけの
真っ暗な石段を一段一段上っていきます。
夜の静けさの中、皆の掛け声が響き渡ります。


▲ページのトップへ

神様どうもありがとう

神様どうもありがとう お宮へ神輿はかつぎこまれ、祭りは無事終了。
島の熱い一日は、幕を下ろしました。


▲ページのトップへ

いつもの島の暮らしへ

いつもの島の暮らしへ 祭りの次の日。船を見送る島の人々。
「また帰ってくるから〜」という声が聞こえてきそうです。


▲ページのトップへ

前のページに戻る