宿毛市立宿毛歴史館

栄喜秋祭り

栄喜秋祭り
ポイントはここ! 海と山の神様の融合
船による豪快な神輿渡御
巫女たちの「うらやすの舞」
開催場所 宿毛市小筑紫町栄喜(八坂神社とその周辺)
開催時期 10月16日(開催年・天候等により変更となる場合があります。)

動画をご覧いただくには、マイクロソフト社のWidows Media Player(無料)が必要です。

神社外観

神社外観 祭り前、秋祭りの舞台が整いつつあります。


▲ページのトップへ

祭り前の神事

祭り前の神事 神主さんの祈祷により、秋祭りが始まりを告げます。


▲ページのトップへ

子供神輿、いざ!

子供神輿、いざ! まず、先陣を切って、子供みこしがまちへ。
掛け声もかろやかです。


▲ページのトップへ

めざすは、港!!

めざすは、港!! 大人に担がれた神輿も登場。
子供みこしとともに町を練り歩きます。


▲ページのトップへ

いざ、船へ!!

いざ、船へ!! 港町ならでは。
神輿を船に乗せて、大海原へ。
大漁旗が船を飾り、お神輿を迎い入れます。


▲ページのトップへ

勇壮な海上渡御

勇壮な海上渡御 神輿を乗せた船を先頭に、
沖合いに一度出航した船たちが港へ戻ってきます。
港内では、円を描きながら
ゆっくりと航行します。


▲ページのトップへ

祭りについて

祭りについて (栄喜地区長・高木重幸さん)
「栄喜は半農半漁のまち。
海の安全と五穀豊穣を願うお祭りです。」


▲ページのトップへ

舞台は神社へ

舞台は神社へ 神社へ戻ってきた神輿を前に
神事が執り行われます。


▲ページのトップへ

うらやすの舞

うらやすの舞 神様を前に伝統の「うらやすの舞」が披露されます。


▲ページのトップへ

三番叟の奉納

三番叟の奉納 躍動感ある伝統の踊り。
観ているものを元気にさせてくれます。


▲ページのトップへ

三番叟の優美な舞で締めくくり

三番叟の優美な舞で締めくくり 先ほどの躍動感ある舞とは正反対に
音色にあわせ、一人優雅に舞っていきます。
美しい・・・


▲ページのトップへ

前のページに戻る