宿毛市立宿毛歴史館

橋上棒術

橋上のねり・棒術
ポイントはここ! 「ねり」の美しい型
棒術試合中に交わされる文言
棒術試合の激しい所作
開催場所 宿毛市橋上町はいたか(はいたか)神社
開催時期 10月(開催年・天候等により変更となる場合があります。)

動画をご覧いただくには、マイクロソフト社のWidows Media Player(無料)が必要です。

神事

神事 祭り前、神社内で神輿を前に、神事を執り行います。


▲ページのトップへ

神輿たちは町へ

神輿たちは町へ 境内を出る神輿。
その前をいく「ねり」の使い手衆。
二人一組になり、「ねり」を披露していきます。
棒は、人の背丈の倍ほどの長さ。
その先端には、獅子のかしらのような幾重もの毛が。
先頭の二人は、白毛(しらけ)。
二番目の二人は、黒毛(くろけ)
。 一番後ろの二人が、鳥毛(とりけ)と呼ばれています。
棒を倒し、棒の頭をふり、横にし・・・と、
古式にのっとり、隊列を率います。


▲ページのトップへ

御旅所での神事

御旅所での神事 特設された神聖なる場所・御旅所(おたびしょ)に神輿を据え、太鼓をならし、再び神事を執り行います。


▲ページのトップへ

町をいく「ねり」の隊列

町をいく「ねり」の隊列 古式にのっとり、二人一組で、「ねり」を披露。
長い棒を片手で支え、
ゆっくり足を動かしていくその様は、
力強くもあり、勇ましさを感じます。
固唾をのんで見守る観客の様子が、
「シーン」とした雰囲気からも伝わってきます。


▲ページのトップへ

境内での棒術披露(山伏の果たし合い)

境内での棒術披露(山伏の果たし合い) 今度は、人の背丈ほどの長さの棒に持ち替えての棒術披露。
まず、二人が横にならび、それぞれが文言を。
「・・・さては、四国一円中の棒の使い手とはそれがしのことにて候。・・・・」等々。
そして、さいごに、棒の技を交えます。


▲ページのトップへ

はげしい棒術披露

はげしい棒術披露 「よっ!」という掛け声と共に、試合が始まります。
棒を交え、時には、棒をふり、相手は飛び上がる・・・。
また、あるときは、棒を捨て、相手を背負う。
激しく棒術を交えていきます。


▲ページのトップへ

棒と鎌の戦い

棒と鎌の戦い 今度は、一人が棒を鎌に持ち替えての試合。
お互い一歩も譲らず、向かい合い、
背をむけあっての試合です。


▲ページのトップへ

前のページに戻る