宿毛市立宿毛歴史館

奥奈路(おくなろ)

奥奈路

橋上長町に奥奈路という集落がある。奈路(奈呂)というのは、高知県や愛媛県で山麓の平坦地をいう言葉で、 奈路のついた地名は県内いたる所である。

戦国時代の城跡として、東須賀に井ノ森城跡、西須賀に色白城跡がある。 長宗我部氏にいち早く味方した山田村小島の城主小島出雲守が、その城を子供にゆずり自分は井ノ森上に来て、 更に色白城に移り、その屋敷もその麓にあったが、後には三度橋上城に移り住所も梯上に移している。 この付近の土地はすべて小島出雲守の給地であった。 国境の番所(関所)をぬけ通りした者を捕まえるための内番所がここにあって、 その番人は庄屋の間崎氏が兼務していた。

明治二二年橋上村が成立するとともに、奥奈呂は大字名となり現在に至っている。 東京で活躍している弁護士の岡村勲氏はこの出身である。

▲ページのトップへ

前のページに戻る