宿毛市立宿毛歴史館

平野(ひらの)

平野

松田川沿岸では、平野付近から平たい野原が展開される。そのため平野という名がついたのであろう。

橋上村地検帳に記された現平野分の地高は六町三二代余りですべて小島出雲守の給地となり、 善福寺を含めて一四のヤシキがあった。氏神には明治初年に改称した平野神社があるが、 もとは鶴掛大明神、白王神社、大和八千矛神社の三社を合祭したものである。

平野村は、明治二二年橋上村の大字となり、宿毛市制施行後も宿毛市の大字となっている。 昭和三五年の世帯数二五、昭和五五年二七、昭和六三年二月、二五とほとんど横ばい状態である。

▲ページのトップへ

前のページに戻る