宿毛市立宿毛歴史館

山田(やまだ)

山田

中筋川の支流山田川の沿線の丘陵にある長尾・竹石・竹部・小島・手代岡・馬場主・土居ノ内・天神 及び一生原の九の集落を合わせた市内でも最大級の大集落である。 一条氏時代居は小島城・山田城・和井城・山技城・伊予田城・紫岡城等があり、 小島城主の小島出雲守はいち早く長宗我部氏に味方して付近の城を攻略して元親から恩賞を受けている。

明治二二年山田村と芳奈村が合併、両村の一文字ずつをとって山奈村が誕生すると旧山田村は大字山田となった。 昭和六三年七月一日現在世帯数四六九で人口は、五〇九である。

▲ページのトップへ

前のページに戻る