宿毛市立宿毛歴史館

戸内(へない)

戸内

平田町内にある大字であるが、県下でも最も古い前期古墳時代の高岡山古墳・曽我山古墳のあったところである。当時の五世紀は、波多国のあった時代で、その首長や一族の墓がそれらの古墳であったことを考えると、戸内が波多国のひとつの中心地であったと考えてもよいのである。

長宗我部時代には、「平田平内村」とか「平内村」と記されており、江戸時代初期には「平内」から「戸内」になっている。一条氏がたてた藤林寺は明治四年に廃寺となったが、昭和二三年戸内のもとの所に移し、今もヤーサイ(野菜祭)が行われている。

▲ページのトップへ

前のページに戻る