宿毛市立宿毛歴史館

都賀川(つがのかわ)

都賀川

宿毛から南へ、荒瀬の山を一つ越えたところにある山村で、源平の戦の際、平家の落人が逃げてきて住みついた所だといわれ、戦国時代の伊与野城主、依岡右京助父子の墓もあるという。

江戸時代小さな集落であるため独立の庄屋は居らず、田ノ浦と兼帯の庄屋で、部落解放運動に尽した陸軍大佐宮地久衛の祖父が最後の庄屋であった。明治になると戸数も多くなり明治二二年にはすでに小学校もできていた。

小学校はやがて田ノ浦小学校の分校となったが、昭和四六年には児童数の減少により田ノ浦小学校に統合した。冨山戻創始者の坂本嘉治馬の父喜八もここの出身である。

▲ページのトップへ

前のページに戻る