宿毛市立宿毛歴史館

内外ノ浦(ないがいのうら)

内外ノ浦

もとは内ノ浦と外ノ浦と別々の浦(漁村)であった。明治九年二つの浦を合わせて「内外ノ村」となり、同一二年には「内外ノ浦村」同二二年町村制施行で小筑紫村の大字となり「内外ノ浦」となった。

戦国時代には外ノ浦城があったが、おそらく田ノ浦城(城主増田丹後)の出城であろう。江戸期には浦のすぐ前の海によく魚が集まり網漁が行われており、網代の争いも起こっているが、大正九年の大洪水で外ノ浦沖が土砂で埋まり、キビナゴの産卵場がなくなったことから沿岸での漁はなくなった。

だが昭和三七年頃からハマチの養殖が行われだしている。

▲ページのトップへ

前のページに戻る