宿毛市立宿毛歴史館

呼崎(よびさき)

呼崎

今は西だけが海に面し、他の三方は山に囲まれた農村であるが大昔には海が奥深くまで入りこんでいた入江であったと思われる。

昔は、「よぶさき」といっていた。昔は入江の両岸の崎と崎とで呼びあって連絡をとったので呼ぶ崎となり、 それがやがて呼び崎といわれるようになったものであろう。

小村ではあるが独立していたので明治二二年町村制施行後も小筑紫村の大字となり、 宿毛市制後も大字としてそのまま続き今はその入口の海は埋め立てられている。

▲ページのトップへ

前のページに戻る