宿毛市立宿毛歴史館

大海(おおみ)

大海

昭和二七年、伊与野から分離して大字大海となった。大きな浜を大海といい、小さな浜を小海といったが、 その大海に人家が集中したので、いつしか地区全体を大海というようになったものであろう。

明治初年に苗字をつけたときその土地の地名を苗字としたものがかなりある。 大海・小海・浦尻・弘浦・中西などの姓がそれである。明治以降も漁村として栄え特に昭和三十年代には真珠の養殖、 同四十年代にはハマチ養殖が盛んとなり景気もよく、多くの家はその時に新築されたという。

▲ページのトップへ

前のページに戻る