宿毛市立宿毛歴史館

中角(なかつの)

中角

今は中角と書くが、その前は中津野と書きもっと昔は中津といった。

今から七百六十余年も昔の承久三年(一二二一)鎌倉幕府を倒そうとした土御門上皇は、 敗れて土佐の幡多(中村とも大方ともいわれている)に配流された。 上皇は中津の牛頭天皇(現八坂神社)に天運回復の祈願をなし、銅のとうろうなどを寄進した。 それらの品々は今はないが、当時の奉弊使が腰をかけて休んだという休息石は、今もその境内に残っている。

明治二二年和田村の大字となり、同二五年中角小学校は二ノ宮小学校へ統合した。

▲ページのトップへ

前のページに戻る