宿毛市立宿毛歴史館

坂ノ下(さかのした)

坂ノ下

昔の松田川は、現在の宿毛小学校の所や市役所付近を流れており、 坂ノ下と宿毛はいわば陸続きであった。山内氏入国前後に松田川の改修が行われ、 野中兼山の頃には完全に現在の流路となって、坂ノ下は宿毛の対岸となった。

坂ノ下の南には三倉坂(俗にめくら坂ともいった)があり、 ここを越えて奥内や以南への街道が通じていた。その三倉坂の下にある集落であるため、 坂ノ下の地名がついたのである。江戸期には宿毛の港として重要性を増し、 港の役所である分一役所と藩の米蔵二軒があった。

書店冨山房を経営した坂本嘉治馬氏、現在洋画界で活躍している奥谷博氏、 作曲家の浜口庫之助氏もこの地の出身である。

▲ページのトップへ

前のページに戻る