宿毛市立宿毛歴史館

片島(かたしま)

片島

片島は、明治七年伊予の北宇和郡から清家忠次郎が入ってくるまでは無人島であった。 林有造は岩手の獄中で片島を港として開発することを思いたち、出獄後それを実行に移し、 明治二〇年には片島と本土とを道路で連結させ、明治二四年に林有造を社長とする宿毛汽船株式会社をつくって、 高知片島間に汽船を走らせ片島に港を開いた。それ以後宇和島、別府、大阪への航路も開かれ、 大正九年頃から海軍の基地として使用されはじめ、昭和三年以降毎年連合艦隊が寄港するようになると、 片島はその上陸地点としてますます発展していった。

片島に隣接している丸島は、林有造を社長とする真珠会社の作業場があった所で、 大正五年世界最初の真円真珠の養殖企業に成功した記念すべき地である。 片島は明治以降大字大島の中に含まれていたが、人口の増加にともない昭和二九年独立して大字片島となった。

▲ページのトップへ

前のページに戻る