宿毛市立宿毛歴史館

池島(いけしま)

池島

片島と宇須々木の間にあるこの島は、北と西はすでに埋め立てられて、 もはや島ではなくなったが昭和四三年までは完全な島であった。 「土佐州郡志」という本には「池の浦島−島の南に池水有」とある。 このように島の中に池があったので、池の浦だとか他の池の浦島だとか池島だとか呼ばれたのである。

この島は、その当時から無人島でやっとこの島に人が住みはじめたのは明治七年からであるが、 昭和四九年頃より池島の一部が西町団地として開発され、島の西部の沼地もすでに埋め立てられている。 しかも浦島全島が宿毛湾港予定地内にあるので、港湾用地として、 あるいは工場用地としてこの池島が大きく変ぼうする日もそう遠くはないだろう。

▲ページのトップへ

前のページに戻る