宿毛市立宿毛歴史館

藻津(むくづ)

藻津

土地の人は藻津と書いてムクヅというが、昔の記録や本には、 藻来津、モクヅ(地検帳)もく津(一豊公墨付)木津(寺院名記)木工津(南路志)毛久津(郷村石付)等とあるので、 明治になる前はすべてモクヅと言っていたことがわかる。 それがいつとなく訛ってムクヅと発音されだし、それが藻津の正式の呼び名となったのだろう。

ここは伊予国との境にあたるため、 その境を示す膀示碆という小さな岩山が脇本近くの浜の中にそびえている。 その膀示碆から沖の島のオリノリを見渡した線が藩政時代の海の境であった。 明治二二年の町村制施行後宿毛村の大字藻津となった。

▲ページのトップへ

前のページに戻る