宿毛市立宿毛歴史館

西町(にしまち)

西町

昭和四七年から丘をつきならし、海を埋め立てて宅地を造成した全く新しい団地が西町である。

大深浦、樺、池島の三地区にまたがっていたこの地は、ゆるやかな丘陵と浅い海とでてきており、 僅かの農家が点在していたに過ぎなかった。わずか十年余でこれだけ大発展した所は、市内では他に例がなく、 また最近は、宿毛湾北岸の開発が計画され、西町に隣接した池島と樺の南には宿毛湾港の新設も着々と準備中である。

宿毛湾北部の開発が進めば進むほど、西町はさらに戸数の増加、大発展が約束されている。

▲ページのトップへ

前のページに戻る