宿毛市立宿毛歴史館

沖須賀(おきすか)

沖須賀

スカとは河口にできた砂原の地で、須賀や飛鳥の字も使われた。 宿毛から見て沖にあるので沖須賀といわれ沖飛鳥の字も使われた。

江戸時代、野中兼山は河戸堰を造ってここに水路を引き入れたが、 それが後々沖須賀の人々の生活用水やかんがい用水となり、今もその水はとうとうと流れている。 沖須賀の南部は宿毛総曲輪の堤防で囲われ、洪水から守られているが、 大正九年にはこの堤防がこわれ、多くの家が流され死者も多かった。

昭和二五年から二六年にかけてバイパスが完成し、やがてこれが国道五六号となると、 沖須賀は宿毛の東玄関の感を生ずるまでに発展し、大建築が次々と建ってきた。

▲ページのトップへ

前のページに戻る