宿毛市立宿毛歴史館

新田(しんでん)

新田

宿毛と片島は海で隔てられ、宿毛に近い方は鷺州とよばれる遠浅の海で、 潮が引けば遠くまで干潟があらわれる土地であった。

この遠浅の鷺州へ、新田の構築を考えたのは、岩手の監獄に入っていた林有造であった。 明治一七年仮出獄、一八年放免となった有造は、直ちに宿毛と片島、小深浦堤防と片島間に堤防を造って、 その内側を干拓させ、そこに鷺州新田を造ることを実行した。 後には林有造個人の所有となったので林新田と呼ばれるようになった。

戦後の農地解放で、新田の田畑はすべて林家から離れ、沖新田の道路の両側は次第に埋め立てられ、 つぎつぎと民間の工場、事務所、住宅が建ちだした。

▲ページのトップへ

前のページに戻る