宿毛市立宿毛歴史館

小野 義真

小野 義真

小野義真は、天保十年(1839)宿毛に生れた。
やがて緒方洪庵の適塾で蘭学を学び,帰郷後文館の教師となった。
維新後は新政府に仕え,大阪築港,淀川改修等に敏腕を振るったが、実業界が働きがいがあると考えて官職を辞した。
明治十年(1877)西南の役が起こると、義真は岩崎弥太郎を説いて汽船を購入させ軍用物資を一手に引き受けさせて,三菱産業の基礎を築いた。
明治十四年(1881),東京〜青森間の鉄道建設を目的に日本鉄道株式会社が設立されたが、義真は、岩倉具視の依頼で、同十五年東北本線建設に着手した。
東北本線の計画から開通まで、その中心となって活躍したのが義真であった。

▲ページのトップへ

前のページに戻る