宿毛市立宿毛歴史館

北見 志保子

北見 志保子

明治十八年(1885)一月九日、宿毛村土居下川島淳一郎の長女として生まれる。
本名川島朝野。
人恋うはかなしきものと平城山にもとほりきつつたえがたかりきいにしえもつまに恋つつ越えしとう平城山のみちに涙おとしぬこの歌で歌人として有名になった。
歌人釈沼空に傾倒するようになり昭和二十四年に歌風や結社を超越した「女人短歌会」を結成し、その同志とともに「女人短歌」誌を発行して志保子がその代表者となった。
女歌に向かって一直線に進んでいった。
昭和三十年(1955)五月四日、病没。
年七十歳であった。

▲ページのトップへ

前のページに戻る