宿毛市立宿毛歴史館

田村 松魚

田村 松魚

田村昌義の長男として、明治十年(1877)に与市明に生まれる。
明治後期の文壇で、巨匠幸田露伴の高弟として活躍した。 中学の時にすでに恋愛小説を書いて、地元の新聞に連載するという文学少年であった。
十九歳で上京し、幸田露伴へ入門した。
本名は昌新といい、松魚とは筆名である。
松魚というのは土佐を代表する魚カツオのことである。
代表作には「若旦那」「三湖楼」「花かすみ」や、露伴との合著の「三保物語」などがある。
晩年は書画骨董店を開き、その道によって知られた。
昭和二十三年(1948)三月六日、病没。年七十三歳であった。

▲ページのトップへ

前のページに戻る