宿毛市立宿毛歴史館

宿毛のあけぼの

宿毛のあけぼの

宿毛への人間の進出は、一つは瀬戸内海や九州から宇須々木へ来たコース、一つは伊予から松田川の上流へ入って楠山方面に来たコースが考えられ、そのころから宿毛市へ人間が姿を現しだしたと考えてよさそうである。
宇須々木で発見されたナイフ形石器は、一万五千年から二万年前の旧石器時代後期のものであることが、最近、学者の研究により確認された。
笹平や池の上からもその当時かと思われる石器が出土しており、さらに松田川の源流点の一つである津島町の御内にも当時の遺跡がある。

▲ページのトップへ

前のページに戻る