宿毛市立宿毛歴史館

宝永地震と津波

安政地震の記録

宝永四年(1707)十月四日昼前、土佐沖を震源地とする大規模な地震が宿毛を襲った。
この時の大島庄屋の記録は、「逃れんとすれ共、眩暈して圧に打たれ、或いは頓絶せんとする者若干なり」「大いに地震動し・・・浦中の漁屋悉く転倒す」とそのすさまじさを伝えている。
しかし、恐ろしいのは揺れだけではなかった。
午後一時頃から津波が押し寄せてきたのである。推定波高は8メートル。
宿毛を囲む堤はひとたまりもなく壊され、波は宿毛の町を12回も襲った。
この津波で宿毛は領主の家だけが残り、あとは荒野になってしまった。
この地震で当時の経済基盤は根底から崩れ、復旧には100年の歳月を要したのである。

▲ページのトップへ

前のページに戻る