宿毛市史【近代、現代編-中央で活躍した人々-伊賀陽太郎】

伊 賀 陽太郎(1851〜1897)

宿毛領主、諱は氏成。嘉永4年宿毛11代領主山内氏理の嫡子として生まれた。慶応4年京都に遊学したが、山内容堂の許可を得て戊辰の役に参加する。明治の初年彼は知識を求めて自費でイギりスに10年間留学、帰国後農商務省をへて高等商業学校教諭になったが病気のため退職、宿毛に帰り塾を開いて青年の指導にあたっていたが、明治30年5月3日、47才で病没した。華族に列し男爵を授けられた。

伊賀陽太郎海外旅行許可証
伊賀陽太郎海外旅行許可証