宿毛市史【近代、現代編-中央で活躍した人々-岩村通世】

岩 村 通 世(1883〜1965)

司法官。明治16年8月21日通俊の5男として東京都神田区神保町に生まれた。父母のもとを離れて郷里の宿毛小学校を卒業、高知第一中学校(現追手前高校)、岡山の第六高等学校を経て、明治43年東京帝国大学独法科を卒業し、司法官補となり甲府地方裁判所に赴任、以来多くは司法省の要職を歴任し、大正13年には欧米に出張し、日本の裁判制度に重要な役割をはたしている。
昭和15年検事総長、同16年第三次近衛内閣の司法大臣となり、19年東条内閣にも留任、終戦の20年9月A級戦犯容疑者として、3年間横浜・大森・巣鴨刑務所に収容され、23年12月釈放、以後晩年は東京家庭裁判所調停委員、家庭裁判所参与員等になり、また恵まれない被告援護などの社会事業に余生をささげた。昭和40年3月13日、81才で病没、正三位勲一等瑞宝章。