宿毛市史【近代、現代編-中央で活躍した人々-林 譲治】

林  譲 治(1889〜1960)

政治家。号寿雲、俳号鰌児じょうじ。明治22年3月24日宿毛村に林有造の2男として生まれる。六高を経て大正7年京都帝国大学独逸法律科を卒業、一時三菱倉庫株式会社にいたが、同12年宿毛町長(2回)となり、宿毛農会長、宿毛信用組合長を勤める。昭和2年高知県会議員となり、昭和3年第1回普通選挙に立候補したが落選、5年衆議院議員に当選、以来当選11回(途中翼賛選挙で一度落選)その間文部大臣秘書官、農林参与官、内閣書記官長を勤める。昭和23年第2次吉田内閣の厚生大臣、第3次では留任、25年国務大臣、副総理、26年衆議院議長、27年自由党幹事長になる。
昭和34年永年在職(25年)議員として表彰されたが35年4月5日病没、71才。従二位勲一等旭日桐花大授章を受ける。鰌児の号で俳句も詠み、句集『古袷』がある。現在宿毛市役所西側児童公園内に、銅像か建立されて偉徳を偲ばれている。

林 譲治
林 譲治