宿毛市史【近代、現代編-中央で活躍した人々-大江恒吉】

大 江 恒 吉(1898〜1973)

明治31年11月11日、大江はじめの長男として東京に生れる。太は大江卓(天也)の長男である。
恒吉氏は大正10年東京美術学校を卒業して、大江印刷株式会社に入り、昭和5年大江美術印刷社の社長となる。東京高等工芸学校、東京芸術大学などの講師を約20年間勤め、昭和19年光村原色版印刷所に入り昭和24年光村図書出版株式会社を設立してその社長となる。同社は小中学校の教科書の出版を専門としている。
昭和48年10月22日東京世田谷区野沢町の自宅で没、74才。勲四等。