さくらの里、ダルマ夕日が見える街、宿毛市

下水道のしくみとはたらき

◆生活環境をよくします

家庭の台所・風呂などの生活汚水が水路や側溝に流されなくなり、また、トイレは水洗化となるので、 蚊やハエ、悪臭の発生を防ぎ、環境をよくします。

◆川や海の汚濁を防ぎます

川や海が汚濁する主な原因は、生活汚水や工場排水などが未処理のまま流入しているためです。 下水道は、これらの汚水をきれいな水に処理して放流するので、川や海の汚濁を防ぎます。

図

標準活性汚泥法

宿毛クリーンセンター(下水終末処理場)では、処理効率の良い「標準活性汚泥法」に より処理します。この処理方法は、空気を好む微生物に大量の空気を吹き込みます。 そうすると、微生物が活発に活動して、下水中の汚れを食べ、きれいな水に変えます。 微生物が汚れを食べた後、上澄み水と汚泥に分解し、汚泥は池で沈殿させます。きれ いになった上澄み水は塩素滅菌(消毒)して、松田川へ放流します。

図

生活排水 下水管 終末処理場
家庭では台所、風呂、洗濯や水洗便所など日常生活で水を使います。使ったあとの汚水は直接下水管に入ります。 下水管は、主に道路下に埋設され、各家庭・工場・事業所の私設排水設備と接続して、汚水を一括して終末処理場へ運ぶ施設です。 終末処理場は、下水道の心臓部というべきもので、汚水を物理的・生物化学的に処理し、きれいな水にして放流する施設です。

▲ページのトップへ

前のページに戻る